給湯器ラボ

給湯器の設置や耐用年数など、細かくご紹介していきます。

給湯器の設置場所について

給湯器は、入浴や家事など日々の生活に必要不可欠な物です。

そのため、給湯器を設置しようと考えている方や、異なる給湯器への変更を考えている方なども多いでしょう。そのようなときに考えなくてはならないことの一つとして、給湯器の設置場所が挙げられます。

このページでは、給湯器の設置場所を考えることが重要な理由と、どのような設置場所が選択肢として挙げられるのかについて、紹介していきます。


設置場所を考える必要がある理由

給湯器にはサイズや熱源、排気の仕方などがそれぞれ異なり、様々な種類の物があります。

そのため、それぞれの給湯器の中で置くのに適した場所も異なります。また、設置するにあたって守らなければならない設置基準と呼ばれるものがあります。

この設置基準には、給湯器と建物との距離や、排気口と周辺環境の位置関係などの項目があります。自分が給湯器を設置しようと考えている場所が、設置基準を守ることができているかどうかを確認しなければなりません。これらの設置基準は、安全に給湯器を使用するために設定されています。

過去には給湯器の設置場所が原因で、事故が発生したという事例もあります。例えば、給湯器の排気口近くで火災が発生したという事故が、過去に確認されています。この事故の原因は、可燃物と設置された給湯器の距離が近かったからです。

また、一酸化炭素中毒で亡くなった方も過去には居ます。この事故の原因は、給湯器の排気ガスが部屋に溜まっていたというものでした。安全面だけではなく、給湯器を長持ちさせるという点から見ても、給湯器の設置場所を考えることは重要です。

自然に吸排気することができる場所に設置することで、給湯器に負担をかけず長持ちさせることができます。また、直射日光に当たらない場所に設置することで、紫外線による給湯器の劣化も防ぐことが可能です。消防法や建築基準法などの法令をあらかじめ確認しておくことが必須です。

屋外に設置する場合

給湯器を屋外に設置する場合、吸排気が全て家の外で行われるため、排気ガスが屋内に流入しづらく安全面でのデメリットが非常に軽減されます。屋外に設置する給湯器には、壁掛型と据置型の2種類の給湯器があります。壁掛型は建物の壁面に設置し、据置型は給湯器本体を地面に置いています。

給湯器の種類によっては据置型しかない場合もあります。また、壁掛型は本体の下部から配管が出ており、据置型は本体の側面から配管が出ているのが特徴です。据置型についてはスペースに余裕があれば、設置できる場所の選択肢が非常に多いです。

また据置型は本体を地面に置くだけなので、壁面にネジを使いたくないという人にとってはおすすめです。壁の強度に不安がある方も、据置型の給湯器の設置が望ましいです。一方で壁掛型は、スペースに余裕が無い場合でも設置することが可能です。

壁面に設置するため、高い場所に設置することで、子どもが誤って給湯器に触れるということも防ぐことができます。屋外に給湯器を設置する場合は、壁掛型が一般的です。ただし、据置型にも前述のメリットがあるため、初めて給湯器を設置するときは慎重に選択することをおすすめします。

屋内に設置する場合

給湯器の種類によっては、屋内での設置は可能です。屋内に給湯器を設置すると、1日や1年を通した気温の変化の影響を受けず、雨風をしのぐこともできるので、給湯器のパフォーマンスを下げてしまうという心配が必要ありません。

ただし屋内で熱を発生させるため、排気ガスを屋外へ出す必要があります。そのため、屋内に設置する給湯器は吸排気の仕組みという点で分類することができます。

吸排気の仕組みとしては例として、FF式とFE式が挙げられます。

どちらも屋外へガスを排気するという点は変わりませんが、空気の取り入れ方が異なります。FF式は強制吸排気式とも呼ばれ、空気は屋外から取り込んでいます。一方でFE式は強制排気式とも呼ばれ、空気を室内から取り込んでいます。

また、FF式とFE式はファンを使用して強制的に吸排気を行っていますが、吸排気の仕組みには、この吸排気を自然に行うCF式とBF式もあります。屋外での設置と同じように、屋内での設置も据置型と壁掛型があります。

この場合、安全面についての配慮から壁掛型は高い位置に設置されるのが一般的です。屋内に給湯器を設置する場合。部屋のスペースを清潔に保ち、余裕のある広さを確保することが重要になってきます。

パイプシャフト設置について

マンションや集合住宅の場合、パイプシャフト設置を行うことがあります。パイプシャフト設置とは、玄関横にあるパイプスペースに給湯器を設置するという方法です。パイプスペースは、排水管やガス管などの配管が集まったスペースで、生活に必要不可欠な場所です。

マンションや集合住宅に住んでいる方は、あらかじめパイプスペースに設置された給湯器を見たことがある人が多いでしょう。パイプシャフト設置には、扉内設置型と標準設置型の2種類があります。扉内設置型は設置された給湯器に扉を付いており、標準設置型には扉が付いておりません。

そのため、扉内設置型は外から給湯器が見えず、標準設置型は外から給湯器が見えている状態になっています。扉内設置型には給湯器本体が汚れにくいというメリットがあり、標準設置型には給湯器の掃除が容易であるというメリットがあります。

パイプスペースは建物によって広さが異なりますが、一般的に屋外設置と比べた場合、限られたスペースになってしまいます。また複数の配管があるため、パイプシャフト設置での給湯器選びについては、サイズや配管の位置など配慮すべき点が複数あります。

関連記事:給湯器の耐用年数について

浴室内での設置について

給湯器の中には、浴室内に設置できるものもあります。かつては浴室内に設置された給湯器というと、浴槽の横に給湯器を設置するバランス釜と呼ばれるタイプが一般的でした。このバランス釜の場合、浴室に隣接して給湯器を設置するという性質から、浴室のサイズが制限されてしまうという面もあります。

この他に、壁貫通型の給湯器もあります。これは浴室の壁を貫き、給湯器を設置するというものです。浴槽の脇の壁に設置されているケースがほとんどで、壁貫通型の給湯器にも様々な種類があり機能や値段が異なってきます。

浴槽を広くしたいと考えている方は、壁貫通型の給湯器にリフォームすることもおすすめです。

関連リンク-給湯器取り付けのみ
https://www.sunrefre.jp/gas/

© 2019 給湯器ラボ Bluesand Theme